ニキビ 解消

大人ニキビとホルモンバランスの関係

 

大人ニキビとホルモンバランスの関係

 

 

大人ニキビの原因として考えられることの一つに、「ホルモンバランスの乱れ」があります。

 

女性の場合は、生理の時に、どうしても普段とはホルモンの分泌が変化します。

 

特に排卵後から生理までの間に、「黄体ホルモン」が盛んに分泌されます。このホルモンの影響で、皮膚の中では皮脂が盛んに分泌されます。また、同時に美肌を作るのに関与している「卵胞ホルモン」の分泌も減ります。

 

皮脂は皮膚の上を薄くカバーすることで、お肌を守っています。ある程度の量は必要なのです。が、この「黄体期」には多すぎることがあるのです。

 

で、その皮脂が毛穴に詰まってしまいます。それを温床として、雑菌が繁殖すると、ニキビとなってしまうのです。

 

ですから、正常であれば、生理の時期が過ぎると、回復するはずです。が、そうならないならば、ほかの原因も考える必要があります。

 

また、更年期にもニキビができやすいのも、同じようなメカニズムです。

 

卵胞ホルモンが減り、その代わり増えてくるのが黄体ホルモンなのです。やはり皮脂の分泌を増やしてしまいます。

 

また、男性にできる大人ニキビにも、ホルモン分泌の乱れが関与していることがあります。が、メカニズムは少し違います。

 

そのホルモン分泌の乱れの引き金になるのは、ストレスのことが多いようです。

 

大きなストレスが発生すると、副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、このコルチゾールがさらにアンドロゲンという男性ホルモンの生成を促します。

 

アンドロゲンの働きにより、皮脂の分泌が促され、やはりニキビへとつながるのです。

関連記事

ニキビ対策情報

大人ニキビ