ニキビ 解消

大人ニキビは薬で治せる?

 

大人ニキビは薬で治せる?

 

ニキビというと、軽く見てしまって、単に「生理現象の一つ」ぐらいに考える人もいるかもしれません。が、大人ニキビの場合はしっかりと皮膚病の一種と考えましょう。

 

皮膚科にかかることがあっても、決して大げさではありません。

 

病院で診察を受けると、たいていは薬が処方されるでしょう。

 

一般的には飲み薬のことが多いようです。成分としては抗生物質。ビタミンC、ビタミンA、その組成を一部変えた誘導体などです。「体の中から有効成分を届かせる」という考え方です。

 

抗生物質にかんしてはあまり安易に長期服用しないほうがいいでしょう。が、ビタミンやその誘導体の場合は、副作用などはさほど心配はしなくていいようです。

 

塗り薬が同時に出されることもあります。この場合はニキビの原因となっているアクネ菌にダメージを与える抗生物質が成分となっていることが多いようです。たとえば「クリンダマイシン」です。

 

もし、病院に行く余裕がなくて、街の薬局などで済ませる場合も、これらの例が参考になります。市販薬として使用できるニキビ治療の成分も次第に認可されてきています。自分で勝手に選ぶのではなく、薬剤師さんにしっかり相談することをオススメします。

 

また、病院で治療を受けるにしろ、薬局で薬を手に入れて自分で治すにしろ、ニキビになった原因を放置しないようにしましょう。

 

薬の力でいったんは収まっても、よくない生活習慣や間違った洗顔方法、偏った食事内容などが元のままでは、必ず再発します。

関連記事

ニキビ対策情報

大人ニキビ