ニキビ 解消

チョコレートはニキビの原因?

 

チョコレートはニキビの原因?

 

 

「ニキビができているのに、チョコレートばっかり食べていていいのか?」なんていわれた経験のある人、いませんか?

 

これがチョコレートではなく、お菓子やナッツ類だったかもしれません。

 

これらはどうしても、ニキビと関連付けて考えられることが多いようです。

 

なかには、チョコレートやナッツ類が好きで、「食べる量が増えたときに限ってニキビが増え、気にして食べるのをやめるとニキビが減った」なんて人も実際にいるかもしれません。

 

が、関係のあるのはチョコレートの成分そのものやナッツそのものではありません。一緒にとってしまう砂糖などの糖分のせいです。

 

糖分を必要以上に摂取すると、それを分解するためにビタミンB1も大量に必要になります。ビタミンB1が足りなくなると、その糖分からできた糖質がどんどんたまり、脂肪へと変化して体に蓄積されることになります。

 

で、この脂肪分から材料が供給されて、皮脂となって分泌されます。この過剰分泌の皮脂が毛穴につまってニキビの温床となります。

 

実は、最後は脂肪となって、皮脂を増やしてしまうのは、糖分だけではありません。

 

炭水化物もそうです。つまり食材でいえば、ご飯やめん類です。大量に摂取し余分ができると、蓄積するときは脂肪の形になるのです。

 

ですから、ニキビを避けるためには、甘いものやご飯やめん類を取りすぎないようにするとともに、ビタミンB1を不足させないことが大事です。

 

ビタミンB1はもやし、豆類、穀類のはい芽、酵母などが大量に含んでいます。

関連記事

ニキビ対策情報

大人ニキビ